HOME >  新生こだいこの誕生秘話~エピソード1~

新生こだいこの誕生秘話~エピソード1~

Pocket

いまから3年前の2014年に創業者の父が脳梗塞で倒れました。

毎年、年末年始の12月から1月までは、おかげさまでかなりの忙しさで、
高齢の父にはかなり負担が大きかったのだと思います。

そして、その3年前についに限界が来てしまい倒れてしまったのです。

その時に現実が重くのしかかってきました。

父がもしこのままいなくなってしまったら
このお店を本意ではない形の閉め方をしなくてはいけなくなる・・・


心のどこかではいつかその日が来ると思っていましたがとうとうその現実がやってきました。

しかし、この現実は受け止めないといけない。

決断しないといけないと思いました。

毎日、お客様からの「おいしかったよぉ~」の声に支えられてこれまでお店を続ける事ができました。

お客様のおかげでここまで長い間商売が出来てきたのです。

しかし、不本意で突然別れも告げずに閉店してしまっては申し訳ないと思いました。

どうせ辞めるんだったら、きちんと御礼や挨拶を済ませてきちんとしたカタチで終わりたいと思うようになりました。

そうこうしているうちに、父の容態はとても心配な状態になっていました。

このままでは今年いっぱいギリギリ出来るかできないかと思いました。

そして、私は決めました。

8月のお盆と1月の帰省に、これまでこだいこのラーメンを愛してくれたお客様とお別れの挨拶をしてから辞めよう。

そう決断しました。

それから、お店に少し早いと思いましたが、5月ごろから閉店する内容のチラシを店内に貼りました。

そのチラシを見たお客様が残念な気持ちを私達に伝えてくれるようになり、沢山お話しをしました。

全てのお客様から辞めないでくれ!と嬉しいお言葉もたくさんいただきました。

しかし、父の体力が持たないと分かっていたので、私たちの気持ちが変わる事はありませんでした。

もう終わり。その気持ちは揺るがなかったのです。

電話:096-200-7764