HOME >  こだいこらーめんが白マー油にこだわる理由

こだいこらーめんが白マー油にこだわる理由

Pocket

白マー油と黒マー油の違い

昔からの熊本らーめんは全て白マー油でした。

熊本以外の県外の方は、熊本のラーメンと言えば黒マー油と思っている方も多いかもしれません。

こだいこらーめんは、昔ながらの熊本らーめんの伝統を守るという意味で、これまで白マー油にこだわってきました。

白マー油と黒マー油の違いは、大きく分けると2つです。

にんにくの香りがするか。しないか。

店長村田

当店独自の白マー油が出来たのは、実は奇跡に近い偶然がありました。

白マー油の製造は、にんにくを炒めて作るのですが、

母がその時にんにくを、こがしすぎてしまったのです。

しかし、あの嫌な独特なニオイが消えてなんと美味しそうな香りに変化していました。

それから焦げるまで炒めるようになり今の白マー油が出来たのです。

この独特な製法により、このこだいこらーめんの味を再現してもらおうと業者さんに頼んだのですが、

通常、焦がして煙が出ると火災報知器がなりますよね(笑)業者さんには嫌がられました。

こだいこらーめん

ですが、黒マー油が作れないという訳ではありません。

お客様から、こだいこらーめんが作る黒マー油が食べたいというリクエストがあった時に、

以前のお店では提供していた時期がありました。

これからは期間限定で黒マー油のラーメンを提供する予定です。

白マー油は私たちの間では、ニンニクラードと言ってるんです。

この白マー油ベースで、こだいこらーめんは昔ながらの熊本の味を守ります。

電話:096-200-7764